エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

世界の潮流は、グローバルです。

インターネットというツール(道具)は、世界を今、一気にグローバルに向かわせています。

その為、各国の持つ「垣根」は、どんどん低くなっています。

そして、国境すら、机上の線になってしまうかもしれません。

 

だからこそ、各国は自国の歴史・文化・伝統が非常に大切になってきます。

つまり、各国・その国民のDNAがとても、重要です。それがなくては、世界にのみこまれていきます。

そして、DNAを持った各国が、お互いに「融合と切磋琢磨」を起こしていきます。

こうして、これから地球全体の進化と向上の実現がなされていくと思います。

 

然し、その変化の前に各国が、いろいろな問題で揺れ動いている現状もあります。

例えば、昨日、報道されたエジプトです。

今までの独裁政治から自由を得るのではないかと思っていたのが、宗教と民族の問題で内紛を起こしています。

そして、昨日、政府と国民との争いで多くの人達の命を失っています。

これも、変化するためには、通る道なのかと言われても、なにか納得できません。

 

とはいえ、世界は動いています。一寸たりとも止まる事はありません。

私達もしっかりとその事を見据えて、この潮流に乗り、日本が世界をリードしていく存在になっていきたいと思っています。

 

 

Category:Others

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

うだるような暑さというのは、ここ何日かの事を言うのではないでしょうか?

体には十分気をつけて下さい。

 

そういった中で、明日から、お盆休みの方が多いです。

皆様はどのように過ごされるのでしょうか?

帰省したり、旅行に行かれたり、それぞれの楽しみ方があります。

 

私は、何日かをただひたすら、ボーっとしようと思います。

何も考えず、何も動かないことです。

この「無」が、オーバーヒートしている脳にやさしいのではないかと思うのです。

そして、この「無」の状態から、新しい「有」が生まれてきます。

その「有」は、自分だけのオリジナルの「アイデア」になると思っています。

 

私は、そういう時間を過ごそうと考えています。

 

 

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

1887年に創刊されたポスト紙は、ニクソン大統領の辞任に追い込んだ「ウォターゲート事件」のスクープ報道で、非常に有名です。そして、今でも、アメリカの政界に大きな影響のある新聞社です。

それが、近年の発行部数がなんと47万部たらずまで、落ち込んでしまい、米アマゾン・ドット・コムの創業者で最高経営責任者のジェフ・べゾスが買収するのです。

買収金額は245億円であくまでも、べゾス氏の個人的な買収と報道されています。

 

この買収は、べゾス氏がネットビジネスで今後起こり得るプライバシーや知的財産権等の問題に対して、政府や議会への影響力を持ちたいという面もあると言われています。

然し、純粋にべゾス氏には、注目しています。

なぜなら、これからの世の中、「デジタルとモバイルの事」、また、「新聞がタブレットに変化している状況」で、どのような未来を想像し、これからを創造していくのかをじっくりと見てみたいと思うのです。

 

このべゾス氏の想像と創造には、新しいヒントが隠されているのではないでしょうか?!

 

 

Category:Others

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

前のブログにも、「自分で見て、自分で考える」をテーマに書きました。

最近、やはり、自分で考えることの大切さを強く感じています。

 

いろいろな情報がいろいろなメディアを通じて流れています。

そして、人はその情報をほとんど正しいものとして捉えてます。

然し、実はそこに、大きな問題があります。

 

特にテレビはスポンサーや会社組織にいる人達の都合のいい角度から、物を見て伝えがちです。

だから、朝から晩までテレビで情報を取っていても、それを自分なりにとらえて、考えなければ、事実とか将来図を間違って見てしまうのと思うのです。

と言っても、全てを斜に構えて、とらえ、なんでも批判するのも、おかしいですよね。

 

大切な事は、物事をじっくり見て、更にじっくり自分で考えてみて、熟成させる事だと思うのです。

そういうところから、独創性のある自分の考えが生まれてきて、個性ある生き方ができるのではないでしょうか!?