Category:Others

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

最近、私はいろいろな人達を見て、話をしていて、感じる事があります。

その中で、とても光っている人がいます。(いわゆるオーラのある人)

そういう人達は、必ず共通して大切なことをしています。

 

それは、「絶対に自分でこういうふうにやると決断している事です」

そして、すぐに動き出します。

「今」思ったら動くのです、そしてそれをぶれずに続けているのです。

そんな単純ですが、とても大切な事をしている人は、光っています。

 

一方で、ぐずぐずして、「自分は変わりたいけど変われない」といつも、決断をせず、ぼやいている人がいます。もちろん、自分が思ってるように、その人は変わりません。

ただ、大切な時間を自分で捨ててしまっているだけです。

 

こんなことを考えて、自分の今年を振り返っています。

 

今年もいろいろありがとうございました。

世界の進化と向上の実現を祈りつつ、今年のブログのご挨拶と致します。

 

 

Category:和技WAZA

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

私も、今、「和技WAZAプロジェクト」に取り組んでいますが、何がプロジェクトの成功のポイントかを考えています。

 

やはり、究極的には、そのプロジェクトが成功するまで、絶対にあきらめない事に尽きると思うのです。

失敗というのは、その心のありようです。失敗してはないと思い、そして続ければ、失敗という結果にならないのです。

 

もちろん、そのプロジェクトが本当に価値のあるものと考え、そして、練りこんで、自分が納得した計画にしなければいけません。

然し、いったん、その計画を作り、自分が覚悟を決めたなら、どんな障害が来ようとも、こつこつと、あきらめず、前に進めばいいと思うのです。

 

そこには、成功という二文字以外、あり得ないのです。

 

 

Category:和技WAZA

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

年の瀬もせまってきました。この時期は、今年を振り返りつつ、新しい年を考えるとても大切な時だと思います。

私も、取り組んでいる「和技WAZAプロジェクト」も、ご協力者の方達のおかげで、いよいよ本格的な展開に移行してます。

なかなか、最初の時は、構想が、自分の頭の中にあったものなので、形がなく説明も非常に難しいものでした。

然し、ひとつひとつ形にしていった時に、このプロジェクトに賛同される方達が増えていったように思えます。

 

こんなことを考えていた時、安岡正篤の言葉を思い出しました。

それが「一灯一隅を照らす」でした。

これは、ひとつの灯火をかかげて一隅を照らす。こうした誠心誠意の歩みを続けるといつか必ず共鳴をする人が現れてくる。そして、一灯は二灯になり、三灯となり、いつしか万灯になって国をほのかに照らすようになるという事です。

 

このことを肝に銘じて、まずは自分が一灯として休まず続けなければと思っています。

 

 

Category:Others

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

今週の日曜日に衆議院選挙を終えて、3年3カ月あまりの民主党政権の終焉を迎えました。

今回の民主党政権で私は、多くの事を学びました。

 

一つには、勢いだけでは政治は動かず、プロの政治家が魂を込めて政治に取り組み、そのプロとしての能力を生かしてこそ、国を治める事が出来るという事です。

二つ目は、政治はしっかりとした方針を示し、ゆっくりでいいから、行く方向だけはぶれずに進まなくては、国がぐらぐらする事です。

 

今年中に、新体制が出来て、日本が新たな年を迎えることは、大変喜ばしい事と思います。

私達も、政治はダメだと全てあきらめたり、知らん顔せず、自分達がこの国の行く末を思い、参加していくことが重要です。

 

今回当選した民主党の議員は、一度は政権に就いて、与党とはなんだというのを経験したのだから、何でも反対という姿勢を取らずに、プロの政治家として、討論し、賛成すべき事は賛成し、反対することはしっかりと代案を示し、一緒に政治を動かしてほしいと思っています。

日本維新の会は、党の運営は国政選挙で選ばれた人間がたずさわり、大阪府と大阪市の首長は、その任を果たす事に専念すべきです。

兼務するという政治をなめたことをすると、それこそ、国民のいい迷惑です。

 

どちらにしても、日本を前に動かし、常に進化していく政治になることを望みます。