Category:Others

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

今、日本は世界の大きな潮流の変化の中でとても大切なターニングポイントにいます。

3年間の民主党政権は、日本の土台を大きくゆする程のお粗末でした。(まだ続いていますが、もうほとんど政党として機能していません)

然し、こういった政治が、実は、国民は自分自身で考える時間を与えられたとも言えるのです。

 

そして、私達はこれから、自分の国のアイデンティティを自覚し、世界とどのようにかかわるか、また世界をどうリードしていくかを意識すべきなのです。

そういった意味でも、よくよく、次の衆議院選挙でどの党にいれて、誰に投票するかを真剣に考えなくていけません。

単なる感覚だけで、古いものはだめだとか、既成の政党はダメとかいう面で考えるのは危険です。

(それは民主党が政権交代というドラマ?だけを作り、実際は何もできなかったことが実証しています)

 

大切な事は、しっかりした国家観を持ち、どこに日本が向かうのか、それを誰が同じ意志を持ってチームとしてやるのかを見極めなくてはいけません。

あまり、個人的意見は差し控えたいのですが、今回は非常に重要な選挙になるので、あえて言います。

私は、例えば、日本維新の会にはそういったどっしりとした感じはなく、かなり勢いだけで動いてるように思うのです。

勢いだけで選ぶと、かなり、間違った方向に進み、取り返しのつかない事になってしまうと非常に危惧するのです。

 

一人一人があきらめず、私達の国の誇りもって政治にも考えて、取り組もうではありませんか!