Category:Others

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

今、田中真紀子文部科学相が大学設置・学校法人審議会が、来年度の開校を認めた秋田公立美術大などの3校の設置を不認可した問題が取りざたされています。

この田中さんのやり方は、完全な暴挙であり、まるで浮世絵話としかいえない判断です。

何故、こんなにレベルの低い人が、国会議員をしているのか、何故、大臣という職にいるか、全くもって考えられないものです。

 

とはいえ、もっと不思議な事があります。

大学に進む人口が急激に減っているにもかかわらず、何故、大学がどんどん増えているのでしょうか?

経済の原則からしたらありえないのです。

たぶん、大学になると多くの補助金を国からもらえる事が大きいからです。

それで大学を運営しているところが多いのではないでしょうか?!

もちろん、まじめに大学を運営し、世の中のためにと、考えている大学はたくさんあります。

然し、無駄の多い補助金制度を改めると、自然と大学は淘汰されて、いい大学は残るものです。

これが、世の中の原理原則です。

 

日本の教育に関するシステムを根本的に見直す時期にきているのです。

このことは、国の財政を立て直すことにもつながりますし、天下り先を削ることにもなるのです。

(補助金を取るための癒着がなくなるからです)

 

田中真紀子文部科学相が大学設置・学校法人審議会が来年度の開校を認めた秋田公立美術大など3校の設置を不認可とした問題で、同大学長に就任予定だった秋田公立美術工芸短大の樋田豊次郎学長(62)は4日、秋田市内で記者会見し、不認可撤回を求めていく意向を示した。(時事通信)