Category:Others

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

いろいろな競技が繰り広げられ、どの国の選手も頑張っていますね。

やはり、4年間という時間が凝縮しているので、選手一人一人の気持ちがその時間の思いが強くはいっています。

そういう真摯な姿は、自分に大いなる勇気を与えてくれて、ワクワクします。

 

そんな中で、一つ気になる事があるのです。

マスコミはメダルを取れそうな選手の関係者をあるところに集めて、その喜びの状況を写すシーンを無理やり取ろうとしている事です。

これもすべてが悪いわけではないのですが、勝利をおさめられない場合、その会場やその場はどういった雰囲気なのでしょうか?

 

トップアスリートがしのぎを削り、代表に選ばれ、相当なプレッシャーで頑張っているのです。

その選手にも家族がいます。

負けた時に「いたわる」とか「静かに見守る」という精神があるのでしょうか?

こういうことがあるので、絶対に金メダルとかメダルがなければ意味がないという雰囲気が作られるのではないでしょうか!

五輪は国の威信をかけて、スポーツという枠の中で、ルールに基づいて闘うのです。

しかし、試合が終わったら、そこには全世界が一つになるです。

それを選手も見てる人達も、同じように重要な事であると思うのです。

選手を称える事とあおる事とは全く違います。

マスコミはその所をわきまえて、伝えてほしいと望みます。