Category:Others

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

歴史はいつの時でも動いています、当たり前の話ですよね。

然し、当事者である私達はその事を忘れがちです。

だから、いつの間にか、本質とか真理がどこかにいってしまい、判断してしまいます。

 

例えば、今、相当な問題になっている「生活保護法」もそうです。

元々のこの生活保護法の目的は、「憲法規定する理念に基き、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長すること」とあります。

 

つまり、身内がいなかったり、いらっしゃってもその面倒は見切れない。また、自分が仕事をしようにもできない状態の時に最低限度の生活を保証してくれる制度です。そして、その方達の自立を支援することなのです。

これが法律であり制度なのです。また、これが生活保護法の真理なんです。

 

この真理に照らし合わせいけば、ひとりひとりが自分で、また家族が、自分達の立ち位置を考えて、この制度を使うべきか、使ってはいけないことなのかは、わかると思います。

人生は常に良かったり悪かったりします。

そして、非常に悪い時になった時、そのチャンスをじっくり待つ時を過ごすために作った国民のための国民が認めた法律です。

だから、もし、これを悪用したり、軽く考えて利用している人がいたら、それは『日本人として恥じるべき行為』だと断言できます。

 

もっと、日本人としての自覚と誇りを持つべきだ思うのです。

 

 

Category:Others

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

今、流通の転換期に移っています。

これは、インターネットにより物流の新しい波が完全にできている事があります。

さらにこのインターネットにより、消費者が極めてシビアに商品を吟味しています。

もうひとつほっておけない事として、物を作っている側と売っている側の一体感がなく、ばらばらに動いていることもあります。

 

こうした環境の中で、2つの大きなポイントがあると思うのです。

この問題を解決した企業が次の時代を切り開いていくのではないでしょうか。

それは『独自性のある圧倒的な「違い」のある商品化』です。

もう一つが『閉塞(へいそく)している市場から新しい市場の創造・開拓』です。

 

私はこのテーマを「和技WAZAプロジェクト」で解決し、みんながワクワクする事業展開を考えて実施しています

 

 

Category:Others

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

今週の月曜日に金冠日食がありました。まだ1週間も経っていないのですが、なにか遠い出来事のようです。

私も、金冠日食を家族と一緒に見ました。ほんの数分の事ですが、太陽が月に隠れて本当に指輪のようになってしまう事に何とも言えない感動を受けました。

「これが宇宙なんだな~」と思うとともに、やはり、自分達は生かされているんだと実感しました。

こう考えると、人生はあっという間に終わってしまうが、ひとりひとりにそれぞれ「使命」があるんだとも感じたのです

 

事業の成功は、そのひとりひとりの使命を果たし、自分と他の人をともに考える事がとても重要なんだと思ったのです。

つまり、自分の欲だけでやるのではなく、『この仕事は、この事業は、世の中の人のために、本当に役立つものを提供しよう』という気持ちでやるのでは、その結果が全然違ったものになるのではないでしょうか!

これは事業の成功の大切な事と肝に命じたいと思っています。

 

 

Category:Others

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

以前、松下幸之助さんが若い頃に講演をされました。その際、会場から質問がありました。

「どうしたら、事業の成功ができるのでしょうか?」

その時、松下さんはしばらく黙った後、「成功すると思う事です」とお応えになりました。

聴衆からは、えっという笑い声が聞こえたそうです。然し、そこに出席されていた稲森和夫さんだけが、「そうなんだ。思えばいいんだ。」と納得されて帰られたそうです。

 

こんな事を思い出しながら、前に読んだ本に書かれている事を読み返しました。

次の様です。

 

『負けると思ったらあなたは負ける。負けてなるものかと思えば負けない。

勝ちたいと思っても、勝てないのではないかと思ってしまったら、あなたは勝てない。

負けるのじゃないかと思ったら、あなたはもう負けている。

というのも、成功は人の考えから始まるからだ。

すべてはあなたの心の状態によって決まるのだ。

自信がなければあなたは負ける。上に登りつめるには高揚した精神が必要だ。なにかに勝つためには自信が必要だ。

人生の闘いに勝つのは必ずしも最も強く、最もすばしっこい人ではない。

最終的に勝利を収めるのは、「私はできる」と思っている人なのだ。』

 

参考にしてみて下さい。

 

 

Category:Others

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

今月の4日に54歳になりました。

これを期にもう一度、「どこに自分の使命を果たすゴールがあるのか」を考えました。

かなり時間をかけ、自分に正直に見直してみたのです。

 

そして、自分はしっかりと明確にその目的地をつかみました。

つぎに、その目的地に対して、これからの60歳まで、次に65歳まで、そして70歳。

最後に70歳以上の大きな人生スケジュールの大綱を考えてみました。

 

また、この目的地に行く為に非常に大切な自分の心構えも見つめ直しました。

それは、『これからは物事をじっくりとじっくりとみて、自分の考えでその本質を考える。

そして、一時、自分の中で熟成させてから動いていくこと』でした。

 

付け加えると、今まで「for me」自分の為とか、「for you」人の為とかというだけでなく、「for us」自分と人の為、一緒にという事を肝に銘じていこうと思っています。