Category:Others

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

都内では、最近、新店舗が次々と出ています。

表参道と明治通りの交差点に出来た「東急プラザ」やお台場の「ダイバーシティ東京プラザ」。

そして、4月26日には渋谷で「渋谷ヒカリエ」がオープンします。

そんな中で、百貨店の存在が極めて低いのです。

 

何故なんでしょうか?

 

私は、百貨店の一番大切な部分を忘れているからだと思うのです。

それは、お客様をよく見て、これから起こり得るマーケットを創造し、製造する人達とともに商品化し、『それを売り切る』事だと思うのです。

特に、一番大切な売るという仕事がとても大切なのです。

然し、現実は、売り切るどころか、百貨店で売っている人達は、製造をしている会社の人達の方が多いのです。

売る事に資金を十分に投資せず、メーカ―に人件費のリスクを負わせて、マーケットを作ることもしないのであれば、お客様が敏感にその事を感じ取り、輝きを失うのではないでしょうか?

 

百貨店の人達は、真剣にこのことを考えて取り組んでもらいたいのです。

百貨店の頑張りが日本の活性化の為に必ずなると思うのです。