Category:Others

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

1月4日付けの笑うシニア商会の生田目さんのブログに「大義(たいぎ)」の事が書いてます。

 

それは、次の様です。

 

『 大事な事は「大義」だと思っています。

ビジネス社会でもコーズ(大義)マーケティングが語られています。

「何のためにやるのか」  』

 

以上です、その通りだと思います。

 

そんな中、1月4日に野田総理は「消費税は大義です」とコメントを出しました。

大義とは、「これからの日本が歴史、文化、民族性などを踏まえて、何のためにどこに進むべか」という真理です。

消費税というのは、今の日本財政に対する手段です。

これを大義と言うには、あまりにも軽いと思ってしまいます。(ちょっと話がそれますが、消費税について言わせてもらうと、今、国民は消費税うんぬんの前に消費税をあげても、民主党がこの国を納めることができるのか?を疑問に思ってるんです)

もっと、総理大臣になる前に「大義」を勉強しなければ、総理大臣として日本をリード出来ないのではないでしょうか?

 

そして、「大義」、この事について、今年、人も企業もみんな真剣に考えるべきと思っています。