Category:Others

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

今日の新聞で、政府が企業の定年を60歳から65歳に義務付けしていこうというニュースが出ていました。

政府がよく考えずに、安易に制度をかえようとするとたぶん若年層の失業や新卒の就職、パートタイムの人達の仕事が減ったりしていきます。

そこのところをよく考えなくてはいけないですが、働く年齢があがることは基本的に、とてもいいことだと思います。

ただし、私はこれからは年齢は関係なく、やる気と実力のある人達に仕事が集中することは間違いないと考えます。

だから、いつでも前に向いて、自己革新して活き活きとした生き方が大切です。

 

「笑うシニア商会」の生田目さんが、昨日、お誕生日を迎えましたが、若い人達の誰よりもずっと前向きですし、アイデアの斬新さは足元にも及びません。その生田目さんが、今後の全く新しいシニアの世界を考えています。

是非、この「笑うシニア商会」の動向を参考にして、これからの高齢化社会を考えてみたらどうでしょうか?

この潮流(高齢化社会)は他人の問題ではなく、自分達の問題なのです。