Category:Others

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

先日、日本でドルを両替しに、日本でも有数な超大手のM銀行に行きました。

このドルは、成田空港で円からドルに替えたのですが、全く使わず袋に入ったまま持ち帰った新札ドルでした。

M銀行の窓口に行き、申し込みをしたのですが、30分経っても終わらず、やってきたと思ったら、50ドル札2枚に関しては、本物かどうかを調べる機械で、通らないので両替を出来ないという事でした。

この50ドル札は10枚あり連番になっており、その中の2枚が偽札っていうことになるのです。

びっくりです。私は「それが本当なら偽札と成田で替えたということですか?」と問いました。

答は「そうではないんですが・・・」

ではなんなのでしょうか?

私は「これを判定している機械が悪いではないのでしょうか?これをほっておくとお客様はずっとこんな繰り返しをして嫌な気分になりますし、お金は替えられませんのでもう一度本部で調べて下さい」とお願いしました。

 

それから3日後、M銀行から連絡がきて、「あれは本物でした。両替に来て下さい」

私は「そうだったら、判定する機械を変えた方がいいではないでしょうか?」と話しましたが、「そうですね・・・・でも無理だそうです」

 

たぶんこれからも、多くの人が嫌な気持ちをして、全くお客様の気持ちを考えていないM銀行のしきたりで目に見えない主張をお客様に窓口でするんだろうと思いました。

銀行もこれからは、お客様目線で見ないといけないですね。