エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

得てして、政治家や官僚のいうグローバルとは、日本から各国を見て対世界という事を考えているのではないか思います。

だから、何か偏っているところがあり、なかなか真のグローバル化が進まないように見受けられます。

 

これからのグローバルというのは、日本も世界の一つであり一部分であるという認識で考えるべきではないでしょうか?

つまり、世界各国のそれぞれの個性や多様性を認めつつ、日本の歴史や文化を理解している事です。

更に言うと、日本の歴史や文化はもちろんの事、今、日本で起きている政治、経済、文化、社会動向をしっかり把握する事です。

その上で、自分の日本に対する意見を言えなくては、グローバルの事を起こすことは無理だと思います。

こうして、日本人としての自立を持つことで、世界の仲間と共有していくことが不可欠であると考えています。