Category:Others

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

先日、菅政権は「TPP(環太平洋戦略的経済連携協定) 貿易関税については例外品目を認めない形の関税撤廃に関する協定。」を先送りしました。

 

もう既に(いや最初からかもしれません)、機能していない政権だから、先送りをやむおえないと見ておけばいいのでしょうか?

私はそう思いません。これは非常に大切な事です。先送りをしているのは、ただ、今後参加するかしないかの意思表示だけを先送りしているのです。

あれだけ、菅さんがやると明言していたのにです。

 

菅政権だけを言っているのではないんです。

私はこういう大事な問題を次々に先送りしている事を非常に危惧しています。

自分の時代はいいや、次の代の人にと「実は責任転嫁」しているだけなのです。

今、やろうとしてやらなければ、明日はないのです。

まずやろうと思う事です、そして、すぐに動く事です。

 

政治は今、リーダー不在です。だから、一人一人が余計に自覚を持って自分がやるんだという心構えと行動が日本に一番求められている事だと思います。