エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

今こそ、日本・日本企業は次のシナリオに進まなくてはいけない時期に来てるのではないでしょうか?

戦後の高度成長期を経て現在停滞を続けています。そして、経済優先というバランスを崩した考えで進んできたために、日本の持つ素晴らしいアイデンティティーを忘れているように思えます。自分の国は自分で守り、そこで生まれる文化・歴史をないがしろにしてはないでしょうか?

この根本のところを考え直す時期に来ていると思います。

 

今一度、日本のアイデンティティーを一人一人が考えてみる必要があります。

そうして、日本・日本企業としての「自信」を持ち直して、大きく変わっている今の時代を乗り越えませんか?

 

何度も言っているように、世界の垣根は外されました。つらいかもしれませんが、内にこもっていては負けます。

世界でいちばん厳しい消費者のいる日本国内市場をしっかり確保しながら、発展している海外市場を開拓しなければいけないのです。

その両方をバランスよく成長させていく企業こそが、次世代企業として生き延びていく手段だと思っています。