Category:Others

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

今、政府は環太平洋戦略的経済連携協定に対して、6月の時点で見送りそうになっています。

それは震災、原発の問題を抱えているからだと言っています。

もちろん、この事は最優先事項である事は間違いのない事です。然し、日本の将来を考えた時に止まっていていいのでしょうか?

時代は確実にいつも動いているのです。だから、最優先事項をやりながら、将来の事も考えて動かなくてはいけないのです。

 

これだけ、日本に官僚がいるのだから動けないはずがないのです。

政府が能力不足といいたいところですが、百歩譲ってそれはないとするならば、やる気がないと言わざるをえないです。

もしできなければ、すみやかに出来る人達に代わってもらうべきです。