Category:Others

エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

今、プロ野球の開幕についていろいろと意見が出ています。

地震、被災の方々、計画節電などがあるのに、開幕日をセリーグはパリーグと同調せず、今月29日にしようとしています。

これらをリードしているのは、読売ジャイアンツと言われています。

個人的には、私は幼少の頃からジャイアンツというより、長島茂雄さんが大好きでした。

そして、その長島さんが所属しているジャイアンツも好きでした。

いつも、ワクワクして勇気と希望を多くの人に与えてくれるチームで、日本を鼓舞している存在でした。

それがなぜ、こんなに訳のわからない事をいう存在になってしまったんだろうか?

 

私は、昔の時は、正力松太郎さんというオーナーがいてチームをリードして夢のある存在にしていたんだと思うんです。

今回の進め方は、日程の問題ではなく、会社でありチームが持つ哲学の問題です。

批判をするつもりはないけれど、トップにいる人の自我が出てしまい、まるで自分だけが良ければいいという事が見えてしまうからなんだと思うんです。

 

今からでも遅くないないんです。これだけの歴史を作ってきたチームです。現役、OB、スタッフの中に素晴らしい人達がいるんです。

正力さんの哲学を考えて、一致団結して人をおもんばかる事が出来る存在に変わって欲しいです。

そして、時期をみて野球を開始して、夢と希望を与えるプロ野球をする一員としてなって頂きたいと願っています。