エクシーズ株式会社代表取締役の伊藤隆祥です。

 

いろいろな企業が海外に出ようとしていて、試行錯誤を繰り返しています。

然し、実際にはなかなかビジネス化しないのです。

 

様々な問題があると思いますが、多くは日本の流通システムあるいは、流通構造で考えているからではないのでしょうか?

海外では、独自のスタイルがあります。例えば、日本のアパレルが持つ機能が非常に少ないのです。

だからと言って、ビジネスが出来ないわけではないのです。

逆手にとって、その機能を自分達で作ってしまえば、解決するのではないでしょうか?

 

これらを考えていくと、日本のプロダクツ自体に大きな問題があるのではなく、最終的に海外のお客様に届く仕組みが弱いだけなのかもしれません。

それには、海外に行ってトライをする事で、解決策をみつける事が重要になると思います。