Category:Others

エクシーズ代表取締役の伊藤隆祥です。

 

私が子供の頃、親から「どこに行きたい?」と言われたら、即座にデパートと答えていました。

そこには、いろいろなものがあり、特に最上階にはレストランには、家では食べた事のない料理が溢れていました。

いつも、長蛇の列で活気づいていました。屋上には、ミニ遊園地がありまさしく、パラダイス。

 

ところが最近では、売上がどんどん落ちてきて、お休みに最初から、「百貨店に行きたい」という方は、相当減ってしまったのではないでしょうか?

これには、いくつかの原因があります。生活スタイルも多種多様化し、小売店の種類も、コンビニ、セレクトショップ、新業態のデベロッパー等、種類が増えてきました。

そんな中で、いろいろな百貨店での『独自性』すら、見えにくくなってしまったのではないでしょうか?

 

では、どうしたらいいか?という問題ですが、一度、百貨店としての原点に戻って考える事ではないでしょうか?

それは、次の様な事かと思います。

百貨店との源になると使命は、「小売店」である事だと思います。

だから、まだまだ、『気づかない優れたものを見つけ出し、それを新しい切り口で、お客様に表現し提案していく事』というシンプルな事にフォーカスして考えいけば、また、ワクワクするNew百貨店が支持され続けられると信じています。

得意でない自主制作して、売るというのは、お客様はそれ程、期待していないし、ハードルが高すぎます。

 

他にも、いろいろな事が考えられますが、時々、「これからの百貨店」というテーマに触れたいと思います。