エクシーズ代表取締役の伊藤隆祥です。

 

11月13日から、横浜でアジア太平洋経済協力会議(APEC)が、横浜で行われます。

21カ国・地域の首脳が集まるこれからの世界の行方を問う、非常に大切な会議です。

これは、今や米国が主導権を持ち、域内での自由貿易を目指す環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について、話し合うからです。

 

今後、これは環太平洋のみならず、世界の自由貿易化に拍車をかける事は、間違いない事です。

もし、この協定に日本が乗り遅れたら、将来、世界から遅れることになります。

今まで、域内貿易の中心にあり、自由貿易のメリットが非常に大きいのに、農業改革や規制緩和などを理由に問題を先送りしてきました。

 

今回こそ、日本は、「平成開国を宣言し、グローバル化に進まなければいけいない」と考えています。