エクシーズ代表取締役の伊藤隆祥です。

 

 

今、新聞を賑わかせている「環太平洋戦略的経済連携協定」をご存じだと思いますが、簡単にご説明します。

環太平洋戦略的経済連携は、2006年5月に、シンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランドの4カ国加盟で発行した経済連携協定です。

加盟国間での高い水準での関税撤廃を目指しているものです。当初の4加盟国に続き、オーストラリア、ペルー、アメリカ、ベトナム、そして、マレーシア、コロンビア、カナダも参加の表明あるいは、意向を示しています。これは、最初に参加を表明している方が、発言権が強くなるという特徴を持っています。

 

この「環太平洋戦略的経済連携」は、ゆくゆくは、世界の関税の自由化につながっていくのではないかと思っています。

これは、大変な変化の時なのです。

大げさでなく、今話題の坂本竜馬が、アメリカからの黒船を見て、「鎖国をしていては日本の将来がない。開国をして世界と同じレベルにしなければいけいない」と思い、江戸幕府から明治維新に導いた時と同じ状況になっていると感じています。

 

インターネットの普及で、既に世界は完全に、情報のグローバリゼーションの時代になっています。

その中で、関税が自由化していくと、今度は、日本国内に留まっていては、日本及び日本の企業の将来がなくなっていく危機にあるのです。

日本から、外に出ていかなければいけないのです。

そして、海外で優秀な日本のプロダクツ、文化、いろいろなものをリアルビジネスにしていかなければならないのです。

 

私は、このチャンスを逆に生かして、世界における日本のポジションをもう一度上げていく必要、いや、上げなくてはいけないと強く思っています。