エクシーズ代表取締役の伊藤隆祥です。

 

今、尖閣諸島の事から中国への取り組みの問題がとり立たされています。

私は、政治的問題をここでお話をするつもりはないのですが、いつも、気になっていた事があったので、その事について、お話をします。

 

今のグローバルというと、どちらかというと、中国への進出がクローズアップされ、企業がそこに集中していたように感じていました。

然し、中国は、知的所有権や商標権、あるいは、外国企業への突然の法律変更などがあり、中国だけに偏るとリスクが大きいと思っていました。

例えば、中国に進出して利益を多く得ても、日本に持ち帰る金額を突然規制されてしまったら、中国に本拠地を構えていかなければいけなくなってしまう可能性もあります。

もちろん、中国の経済成長を見過ごすということではなく、また、中国との取り組み抜きにはできないのですが、あまりにも、グローバル=中国という事に偏っているように感じていました。

私達は、大きくグローバルについて考え、しっかりしたビジョンとバランスを持ってグローバルカにのぞむ事が重要です。

 

例えば、いつもお話するように、海外に進出するだけがグローバル化するのではないのです。

日本に居ながらにして、グローバルを考えていくことも、一つの方法です。

 

グローバル化を避けて通る事は出来ません。

これからグローバルに挑戦していかなければいけません。

今回の尖閣諸島の問題は、ビジネスの世界でも大きなことを気づかせた事だと思っています。