Category:Others

エクシーズ代表取締役の伊藤隆祥です。

 

いろいろな企業が、,あるいはブランドが、差別化しようと試行錯誤しています。

しかし、どうしたら他と違う提案ができるかという事に気持ちが強くなりすぎて、消費者の気持ちと違う方向に行ってしまっているケースがあるように思えます。

 

例えば、サービスの一環として「ポイントカードの差別化」を考えた場合、いろいろと違うサービスを付けたりしています。

然し、消費者はあまりにも細かい違いで混乱し、戸惑いや嫌気をさす人もいます。

それどころか、「ポイントカードはもう面倒だし、財布にこれ以上入らないからいいや」って言う人も出てきています。

このように、皆が同じ問題で差別化を考えて進む事で、そのもの自体が敬遠される事が出てきているのです。

差別化のサービスが、思わぬ方向に進めてしまいます。

 

企業やブランドは、「オリジナリティ」を目指し進んできた時に、真の差別化が生まれるのではないでしょうか?

独りよがりのマーケティングには、気をつけなくてと思います。