エクシーズ代表取締役の伊藤隆祥です。

 

先月の5月27日より、ニューヨークに出張に行ってきました。

高級百貨店「バーグドルフ・グッドマン」や「メ―シーズ」では、ショーウインドーを「Sex and the City 2」 の衣装で飾り、多くの人達が写真におさめていました。

この映画の影響は、ニューヨークでも相当なものであると感じました。

 

また、半世紀あまり続いたニューヨーク高島屋が2010年6月5日に閉店をしました。それと入れ替わりにニューヨーク5番街に出店する予定が、ユニクロです。現在工事中で、高島屋とは目と鼻の先、角地の非常にいい場所にあります。

売り場面積は、8,300平方メートル、15年契約で約277億円と言われています。

この辺りは月坪60万円が相場で、超有名ブランドもほとんど利益を出していないと言われています。

あえて世界最大のPR地であるニューヨークを選び、ここを震源地にし勝負をかけたユニクロのグローバル戦略に刺激されました。

私たちも、負けずにこのような「グローバルステージ戦略」に向けて邁進したいと思います。