Category:BLOG

最近、デザイナー同士のコラボレーションは珍しくなくなってきていますが、やはり「ルイ・ヴィトン」と「コム・デ・ギャルソン」の限定コラボレーションはかなり注目をあびていましたね。

 

また、ニューヨークでは、ユニクロが、若者からおしゃれなミドルエイジまで、全ての世代の心をつかんでいます。その理由は、べーシックかつ流行を取り入れたコレクションが幅広い世代に受け入れられた結果のようです。さらには、世界的に有名な「ジル・サンダー」とのコラボレーションで、「J+ collection」を発表しました。それに加えてニューヨーク出身の「アレキダンダー・ワン」と「フィリップ・リムと」のコラボーレションも発表。さらに一番新しいコラボレーションは、NYデザイナー「コステロ タグリアピエトラ」との作品で、ソーホーの旗艦店で販売されています。

景気が悪く小売業者の多く厳しい中で、ユニクロだけは好調のようです。今年の4月には、新たにマンハッタンの5番街と53番通りがクロスする場所に、新しいお店をオープンすると正式発表しました。

 

ユニクロがニューヨークのような都市で毎回新しい企画を出すことができるのはとても特別なことだと思うかもしれません。しかし、お店に行くといつでも定番素材や形、色が多種多様にそろっていて、さらには新しい商品が出ていて裏切りません。

ユニクロのスタイルはnon-designといわれていますが、そんなことはありません。製品を作るときには、カッティングをファッショナブルにしたり、シンプルかつ流行も取り交ぜて、普段のワードロープと組み合わせやすいように考えられています。

また一方、お客様へのサービスは丁寧かつフレンドリーで、日本のお客様は神様という伝統的なスタイルも指示されています。

値段に厳しいマーケットでニューヨーカーの心をつかむには、笑顔に加えてリーズナブルな商品が、リピートビジネスを作り上げる方法なのかもしれませんね。

 

UNIQLO Soho Flagship Store

546 Broadway, New York

Tel: 917 237 8811

http://www.costellotagliapietra.com/